風俗嬢と遊ぶ前に

風俗で遊ぶ前はドキドキワクワクして期待に胸を膨らませるものですが、遊ぶ側の男性として心得ておいた方がいいエチケットがあることも知っておきたいものです。
例えば暑い夏です。
夏と言えば汗をかきますが、店舗型の風俗店に事前予約していてその時間に遅れそうになり、バタバタと慌てて走っていくような事態になれば受付を済ませて風俗嬢とご対面となった時、汗だくの状態での顔合わせとなってしまいます。
もちろんこの状態でもプレイ前にはシャワーを浴びますので構わないのですが、汗臭い状態での初対面となったコンパニオンは口には出さないまでもそのお客さんにあまりいい印象を持たない場合もあるのです。
気が乗らない状態でのサービス提供になりますと極上のサービスを受けるというわけにいかず、普通かそれ以下のサービス内容になってしまう可能性もありますので、なるべくならば暑い夏でも初対面の際はさわやかな出会いを心掛けたいものです。
デリヘルなどの場合もどんなお客さんでもコンパニオンは基本サービスは提供してくれますが、人間ですので印象のいいお客さんとそうでないお客さんでは自分でも気づかぬうちにサービス内容に差が出ていることがあるものですので、埼玉でも風俗に行く場合は風俗嬢に好かれた方が何かと得なのです。

デリヘル嬢は突然辞めることもあります

埼玉でデリヘル嬢をしている女性は、個々にいろんな事情を抱えているものです。
事情の内容は様々ですが、この仕事は普通のOLやパートと違って体力的・精神的にもハードなため、中にはある日突然辞めてしまうコンパニオンも珍しくありません。
お気に入りのデリヘル嬢に出会え、次回指名もその子にしようと決めて1か月後のリピート指名の電話をしたらその子は既に辞めていた、という経験をした男性も結構いるもので、そういった場合は非常に残念な思いもするものです。
ただし、店の店長やスタッフも「去る者は追わず」といったこの業界のしきたりのようなものも心得ていて、突然辞めると言ってきたコンパニオンを無理に引き留めたりしませんし、辞めた後にどうするのかの詮索もしません。
従って「彼女は辞めて他の店に行ったのですか?」と聞いてもスタッフや店長は辞めたコンパニオンのことは何も知らないという返事になるのです。
こういった事例を踏まえて遊ぶ男性が心得ておきたいことは、あくまでもデリヘルは「エッチな大人の遊び」をする風俗だということの認識です。
それを忘れて本気でお気に入りデリヘル嬢に恋をしてしまうと、急にいなくなるとひどく落ち込んでしまいます。
従って、程よく気に入っているデリヘル嬢を2〜3人持っておくということもおすすめです。