風俗嬢として働く際の「顔出し」について

埼玉でも短期間に少々まとまったお金が必要で風俗嬢として稼ぎたいと考える女性はいますが、自分の顔を店のホームページや店の受付で出されることに抵抗を感じる女性も少なくありません。
懸念は知り合いの男性に自分が風俗嬢として働いていることを知られたくないというものなのですが、風俗嬢は必ずしも顔出しをしなければならないというわけではありません。
風俗店のホームページや風俗情報サイトを確認してみますと、埼玉を始め、全国の風俗コンパニオンは顔出し、顔にモザイク、顔の一部を手で隠した状態、完全シークレットなど、様々な形でホームページの在籍女性のページに載っています。
傾向としては人妻系風俗嬢はあまり顔をさらけ出していないようにも思われます。
これは、旦那さんにばれないように配慮しているためだとも考えられますが、中には人妻さんでも完全顔出しで登場している場合もあります。
また、独身女性の場合でも完全シークレットで、全身の写真すら載っていないコンパニオンもいます。
こういったコンパニオンはプレイする男性にしか顔を知られたくないという思いで仕事をしているわけですが、店としてもそういった働き方でもOKで働いてもらっています。
このタイプは実際に会うまで何も分からないため、ミステリアスな感じもします。